【レースレポート】ビレル日本一決定戦2015

千葉県市原市にある新東京サーキットより、こんにちは☆

先日、大盛況に終わった大人の4時間耐久レースシリーズ。その中にレンタルカートだけのGT-3というクラスがあります。普段皆さんがレンタルやエンジョイで乗っている赤いカートを使ったクラスです。

今年は特典として、そのクラスでトップだったチームをビレル日本一決定戦へ推薦(エントリーフィー助成)させていただきました。先日その大会が終わり、レポート提出をいただいたので、ここに掲載させていただきます。

----------

c0224820_15485243.jpg
c0224820_15491455.jpg
c0224820_15485878.jpg


新東京サーキット代表の「AAA@NTC SUPER GT-K」として今年初参加させていただきました。開催場所は愛知県・幸田サーキット。とても広く大きなサーキットです。参加チームは56チーム、各サーキットの強豪揃いです。

今回は逆走での特設コース。前半は複合コーナーのテクニカルセクション、後半はフルスロットルのハイスピードセクションと、ガラリと変化する2面性を持ったコースと感じました。

ブリーフィングでは、タイヤバリアへのタッチや他車へのプッシングは厳しくチェックし、ペナルティの対象とすることが告げられました。公式練習の1時間がスタートし、メンバーは特設コースへの慣熟、タイヤタッチしないか、路面のμ、凹凸の状況、他車との速度差等を確認しながら走行しました。 練習終了後には、チャレンジクラスとエンジョイクラスの2クラス振り分けの1周タイムアタック。走行結果は、夕方の冷えた路面とカートのタイヤ状況に適応できずに全体の56チーム中51位、その結果、翌日の決勝レースはエンジョイクラス出場となりました。

c0224820_1550348.jpg


予選終了後は前夜祭が行われました。
車両抽選~チームインタビュー、恒例の花火などで大変盛り上がりました。
車両抽選結果は良かったため、明日への期待を膨らませて初日のサーキットを後にしました。

c0224820_15501685.jpg


レース当日、日本一決定戦始まって以来初の雨となりました。コースにはところどころ水溜まりが…。スタート時には川もあり、フルウェットでのレーススタートとなりました。後方のグリッド・ウェットでの速度差縮小を鑑み、スタートは新東京GT-Kの第2戦同様最重量ドライバー堤さんが担当。スプラッシュマウンテンばりの水しぶきを浴び、ハーフスピン・・・エンジンの息継ぎへの対処が出来ぬまま一時最下位へ。しかし、後方集団からは離されない状況のまま、他チームのピットにより順位を上げつつ2番手池田さんへ。ここで抽選カートの優位性を発揮!この時点のファステストに近いタイムで走行を続け順位を着実に上げていきます。次は3番手木村さんへ。このあたりから、徐々に川が無くなり路面が乾いていき他車もペースアップ。ここでも上位のタイムで走行を続け一時6位までジャンプアップ!エース二人がきっちりと仕事をして上位進出が見えてきました。ここで給油を行い、4番手太田さんへ。給油後11番手まで落ちたものの、順位をキープしつつ、他車のピットで順位を7番手まで上げながらアンカーの信田さんへバトンタッチ。

6位入賞まで後10秒程!

ピットアウト直後、バトルでハーフスピン。上位との差が開き、後ろから猛追・・・。しかし、路面に慣れてきたら徐々にペースが上がり後ろを何とか抑えて走行を続けます。最後は後ろに2台テールトゥーノーズ状態のまま8位でチェッカー!タイヤタッチや他車への接触などのペナルティを貰わない様にしようと走りきり、ノーペナルティでピットも毎回ロス無く行えた結果、6位とは20秒差、9・10位とは1秒差でのバトルしきったエンジョイクラス28台中の8位となりました!

c0224820_15503464.jpg


ここからは、他チームの応援です。

昼前には雨も上がり路面もハーフウェットまで乾き始めた中、チャレンジクラスがスタートしました。ハーフウェットではドライバーの実力がはっきり出て、抜きつ抜かれつの鬩ぎ合いは圧巻でした。1時間もするとどんどん路面が乾いていき、立て続けに好タイムが連発!次々更新されるラップタイムに興奮しました。また、チャレンジクラスでは残念ながら故障車が複数発生。プッシュカートでピットまで押されながら救済されていました。
幸田サーキットでは名物のようですが、初めて見る珍しい光景でした。

結果はノーペナでピット回数の優位性を活かした、新東京GT-Kにも出場中のおにぎりレーシングさんがチャレンジクラスで優勝!知り合いの優勝で嬉しい反面、自分たちももっと出来なかったかと反省です。 

初めて参加させていただいた日本一決定戦は思い出に残るレースとなりました。結果は入賞できずに残念でしたが本当に楽しかったです!出場の機会を与えてくださった新東京サーキット様、本当にありがとうございました!

--------------


レポート提出ありがとうございます。結果は結果ですが、ノーペナでマナー良く参戦いただけたのが一番素晴らしい事です。代表に相応しく、こちらこそ走っていただいてありがとうございました!

来年はどのチームが行くのでしょうね・・・!?では☆
[PR]
by n-tokyo-circuit | 2015-10-28 20:32 | NTC BLOG