ジュニアカート体験教室、無事終了しました!

千葉県市原市で30周年を迎えた新東京サーキットより、こんにちは☆今月8月の4日と25日を使って、新東京サーキットでは初の試みであるジュニア体験教室を企画・開催しました。これは『カートの楽しさをもっと沢山の子供たちに知ってもらおう』という趣旨でした。

今回参加申込してくれたのは、全部で16名(内2名は病欠)。みんな、楽しんでくれたのかな?ちょっとでも思い出に残ってくれたら、嬉しく思います☆

そして、このイベントを企画した時点で、ふたつ返事で協力をしてくれたRS GEN様と、ZURU SPEED様には心より感謝しております。この2ショップ様の協力なくして、イベントの運営はできませんでした。そして当日のメインコーチを務め、イベントの立ち上げ時より関わってくれた平野くん、本当にありがとう!


下記、両日の様子のリンクです。ぜひご覧ください☆
c0224820_13224445.jpg

c0224820_1323930.jpg

8月4日(木)
⇒【入門編
⇒【テクニック編
⇒【最終プログラム編
⇒【閉会式(卒業式)


c0224820_13233927.jpg

c0224820_13243430.jpg

8月25日(木)
⇒【入門編
⇒【テクニック編
⇒【最終プログラム編
⇒【閉会式(卒業式)


参加してくれたジュニアたちや、協力してくれたカートショップ様たちのおかげで、私も色々な経験ができました。今回のイベントを通じて、レーシングカートという乗り物は勝ち負けを競うだけの道具ではない、と確信しました。もちろん、レースをする為の道具というのは大前提です。ただ、カートの秘めている可能性はそれだけではない、という意味です。

昔、以前の職場を辞める時、友人に

『カートってイイよな。だって、アクセルを踏めば誰でもスーパーマンになれるじゃん』

その時はなんとなく「そうかもね~」なんて思っていましたが、今はそのズレた一言が、私の中で焦点が合ってきたように感じます。他では経験することのないカートという“非日常世界”で子供たちに与える影響の度合いは、もしかしたら想像を超えるほどの“スバラシイ体験”になるはず。さらには、カートが人を勇気付け自信を持たせる道具に、なんてこともあるのでは?

まぁ、何かとマイナスなイメージが強いモータースポーツ界なんで、そういった見方も“アリ”ですかね。とりあえず、私の戯言は置いておいて(笑)、今回のジュニアカート無料体験教室は来年も開催したいと思います。いや、

開催します!


では!

[PR]
by n-tokyo-circuit | 2011-08-31 15:00 | NTC BLOG