c0224820_15121872.jpg

エントリー発表!今回は早いね(自画自賛)。間違いあれば、すぐご連絡ください!
⇒【ホームページ

# by n-tokyo-circuit | 2016-12-06 15:12 | NTC BLOG
c0224820_14433860.jpg
毎年の事だけど、なかなかいい金額してますよね。ウチはまだ低い方。なぜなら全日本やX-30、MAXなどの格式が高いクラスを開催すると、値段が上がる。この倍かかるコースさんもいると思います。

長いものには巻かれろとはよく言ったもので、やっぱりなにか公的な団体に認可されているのは、気持ち的に安心感があります。。。

…の、かなぁ?

なんとなーーく、ですよ?(笑)

公認を取っても、その団体が何かしてくれる訳ではありません。トラブルがあったとしても、『自己解決したら報告よろしく』ってだけ。サーキットの運営/責任は、その団体にはありません(当たり前w)。

じゃぁ、この料金はなにか?私の、オーガナイザーとしての意見は、

『カートレースのルールを使わせてもらっている料金、いわゆるレース開催のロイヤルティー(知的財産使用料)なんだ。』

と、勝手に思っています。なので、月々2万円程度でカートレースを開催できていると考えれば、むしろ安いとさえ感じます。音楽業界で例えるならジャスラック(著作権管理)みたいな?そうなれば、守っていかなくてはいけない権利団体と考えられます。

CIKのルールを翻訳し、日本と照らし合わせ精査し、採用するか否か話し合う。こう考えていくと、やはり必要な団体だし、公認をいただく事にも意義があります。



自分に強く言い聞かせて、千葉JAFに行ってきます。

あー払いたくない(笑)。

# by n-tokyo-circuit | 2016-12-06 14:46 | NTC BLOG